オーガニックコットンの使用


オーガニックコットン 100%使用

なぜ、玄米ホットパックに天然素材使用するのか?

玄米ホットパックは電子レンジで温めたり、中の穀物を炒って袋の中に詰めて温熱療法として使います。
そのため、化学繊維その熱で溶ける場合があるということから天然素材を使用しています。

オーガニックコットンの使用について

コットンは自然素材で、肌にやさしい、と思っていませんか?
でも実は、その栽培の裏には数多くの問題が潜んでいるようです。
なにげなく低価格で購入しているコットンを栽培するためには、大量の農薬や化学肥料が使われています。

従来のコットン製品の製造の考えでは、同じ形、色、そして大量に安く作るという消費者が求める目的を優先して本来は不揃いであるはずの天然自然の材料を多くの化学処理行程によって一定の規格製品に仕上げています。

たとえ無漂白生地であっても、その生産過程で農薬を使っていれば同じことですね。

オーガニックコットンとは

オーガニック農産物等の生産方法についての 基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、 認証機関に認められた農地で、栽培に使われる 農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。

ネコパックの玄米ホットパックはタグ部分、ミシン糸もオーガニックコットンを使用しています。
現在のミシン糸はほとんど耐久性のある化学繊維でできています。
ならば、電子レンジなどで加熱した際、布地はよくても糸がとけてしまう恐れがあるのではないか?
せっかく作るなら、嘘のない体にいいもので作りたいという気持ちからすべての素材をオーガニックコットン制作することにしました。

ネコパックのオーガニックコットンはこれを使用しています

オーガニックコットンシリーズ「sunlupinus」を使用しています。
「sunlupinus」さんのオーガニックコットンは認証機関から認証された綿花を使用しています。

オーガニックコットン種類:トップビエラ
綿花:トルコ
紡績:トルコ
染め:トルコ
織り:日本(兵庫県 西脇市)

となっています。

オーガニックコットン証明ラベル