手も足も温かいのに低体温


 

人間は生きていくために「中心を温めよう」という働きがあるそうで。

それは、心臓も内臓も温かい方が、より活発に活動して、

しっかり体を造って守ってくれるということ。

 

体温は、内臓で温めた血液が体を循環するときに熱を運び、

内臓から離れるほど温度差が大きい。

そして、体は手や足の先の末梢血管を細くして、血液がたくさん流れていかないように

内臓を中心に温まるようになっているそうです。

 

勉強になるなー!!

そういえば、、、

手足はとても温かい、むしろほてって仕方がないわー

やのに、体の温度は35度前半と低い!!

という知人がいます。

 

なんだか体の仕組みが逆??

何故そんな状態が起こるのか?

 

実はこれ、

手足の血管が、収縮できなくて真ん中に血液を戻せずにいる状態。

ということは?

 

体内で作った熱がどんどん手足から逃げている状態。|д゚)

要は体の中心(内臓)は冷えているとういうことになります。

 

 

あちゃーーー!! なのです。

 

まずは体を温めることから。

毎日、ちょっとぬるめのお風呂に10分浸かるだけでも変わります。

不規則な生活、乱れた食生活をちょっと見直してみるのも好いです。

 

身体の中心を温めて行きましょう。

 

中心を温めよう